大岡みなみの身辺雑記/最新版


 身辺雑記 

by totoropen (OOKA Minami)

[NEW][EVA][カレカノ][トトロ][映画][セカンド][リンク][作者]

身辺雑記・総目次 フロントページ

メールの送り先は<こちら>です

【大岡みなみ(=池添徳明)の著書の紹介ページはこちらです】


2022年

1月26日(水曜日) お年賀に感謝

 福岡在住の友人からお年賀として、インスタントの「博多地鶏本炊きラーメン」が送られてきた=写真。「京急百貨店の大九州展でラーメンを食べた」という僕のツイートを見てくれたそうで、「コロナが落ち着いたらリアルな九州でラーメンを」とあった。できればそうしたいなあ。心遣い感謝。ありがとうございます。ちなみに今週末には、京急百貨店で「大九州展」の第2弾が始まる。そっちも楽しみだ。


1月25日(火曜日) 今期テレビアニメ評

 【今期テレビアニメ評】◎からかい上手の高木さん3(TBS)かわいい高木さんと相変わらずニブい西片にも変化の兆しか。安定して甘酸っぱいラブコメ。◎その着せ替え人形は恋をする(MX)コスプレ大好き女子高生とコス衣装を作る同級生男子のラブコメ。メイン2人のキャラが魅力的。丁寧な描写がすごくいい。◯平家物語(フジ)奢る平家の内幕を斬新な切り口で描く。

 △明日ちゃんのセーラー服(MX)ブレザーが制服の私立中にただ一人セーラー服で登校するも、着実に友達の輪を広げる中学生の学校生活。学校の立地設定やキャラデザには疑問も。△スローループ(MX)お互いの親の再婚で姉妹になった女子高生の日常。安心して微笑ましく見ていられる。


1月24日(月曜日) アナウンスメント

 【「現代ジャーナリズム」受講学生へ】きょう24日午前1時に定期試験の要項を掲示しました。教室で受ける定期試験と同等のものとして扱うレポートです。講義を普通に聴いていればさほど難しくない問題です(聴いていないと書けないかも)。締め切り厳守。オンラインで提出してください。


1月23日(日曜日) 沖縄・名護の分断

 沖縄・名護市長選で、自公推薦の渡具知武豊氏が再選。開票と同時に当確が出なかったのは、選挙戦が拮抗していたからだ。

 多くの名護市民は、米軍普天間基地の辺野古移設に反対している。それでも現職を選んだのは、政府が徹底した地元いじめと嫌がらせを続けたことで、「移設に反対してももう何も変わらない」との諦めや無力感を抱いたからだ。民意を捻じ曲げて地元を分断し、辺野古の海の埋め立てを強行する政府自民党は実に罪深い。

 米軍基地の辺野古移設に反対する地元沖縄の人々を揶揄し、誹謗中傷や罵声や冷笑を浴びせ続ける政府自民党やネトウヨ連中は、自分たちがどれだけむごくて酷いことをしているか、分かっているのだろうか。コミュニティーを分断し生活も経済も自然も破壊することの無残さを、冷静に考えてみてほしい。

 沖縄の人たちに理不尽な犠牲と負担を一方的に強いて、政権の決定に異議申し立てすることは一切認めず、反対すれば徹底的にいじめ尽くすのが「愛国」なのか。だとしたらなんて気持ちの悪い「美しい国」だろう。それこそネトウヨが言う「反日」そのものではないか。恥ずかしい。


1月21日(金曜日) 熊本黒亭ラーメン

 上大岡・京急百貨店の大九州展で、熊本の黒亭ラーメンを食べた=写真(煮卵1個分は平日午後のトッピングサービス)。豚骨スープの独特の香りと味わいに細麺がよく合う。とろとろの煮卵もいい仕事をしている。ここのスープは同じ熊本の桂花ラーメンに似ているような気がする。しゃきしゃきキャベツがたっぷりの桂花の太肉(ターロー)麺が食べたくなった。

◇◇

 連合は今夏の参院選で支援政党を明記せず、共産党と連携・協力する候補者は支援も推薦もしない基本方針案をまとめたという。やっぱり。ついに。とうとう。予想通り連合は、経営側・資本家・権力側の翼賛団体に堕する道を突き進むことを選んだようだ。労働者の権利や人権を守ろうとせず、経営にすり寄るばかり。しかも野党共闘を全否定して、参院選の1人区で自民党に勝てるはずなどなかろうに。もはやまともな労働組合(の中央連合組織)とは言えない。

 連合会長に就いた芳野友子氏は、立憲民主党が進めた野党共闘路線に嫌悪感を示し続けてきた。芳野会長は立憲民主を支持する官公労系労組よりも、国民民主支持の民間産別労組(電力総連など)に近い。旧民社党を支持した旧同盟の路線で連合をまとめたいのだろう。

 だったらもう連合を維持するのは難しいのではないか。そんな労働組合の連合体に意味はない、と考える労組も少なくないのではないか。そもそも労組としての役割を果たせていないから、組織率は低下の一途をたどっている。芳野執行部がこのまま続くなら、旧総評系の労組が団結して分離独立した方がいいように思う。

連合、参院選は支援政党を明示せず、共産との共闘候補は推薦もなし(朝日)


1月19日(水曜日) 今年度最終回

 今年度の講義は、きょうが最終回。締めくくりとしてはまずまずの出来だったかな。来週は定期試験。オンライン授業なので、1時間で1200字の論文を書かせるわけにはいかず、レポート提出を定期試験と同等に扱うことになる。レジュメや資料や文献を自由に見て書けるので楽勝のはず。頑張ってください(それでも不可のレポートを出してくる学生は必ずいる)。

 オンライン授業は嫌いではないし、利点も結構あるとは思う。学生も対面授業とオンライン授業の支持は半々で拮抗しているみたいだが、それでもやっぱり教室で学生の表情を見ながら直接話すほうがいい。来年度は対面授業ができるかなあ。何回かオンライン活用するのはアリだと思う。ただし同時併用は無理なので勘弁してほしい。


1月18日(火曜日) 鯛スープの塩ラーメン

 回転寿司で「鯛スープの塩ラーメン」を注文した=写真。寿司屋でラーメンを食べるなんて初めてだけど、意外となかなかイケる味だった。お椀の蓋を取った瞬間に潮の香りが漂ってくる。澄んですっきりした塩味のスープが、コシのある中太麺に合う。シメのスープとしては上々だ。値段も350円と手頃だし。


1月17日(月曜日) 札幌味噌ラーメンけやき

 札幌ラーメン「けやき」の味噌ラーメンを横浜市内で食べた=写真。ちょっとピリ辛だけどコクのある味噌スープが、中太の縮れ麺にしっかり絡んで美味しい。キャベツ、ニンジン、ニラ、白髪ネギなどの野菜とミンチ肉がたっぷり。体が温まる。思わずスープを残らず飲み干してしまった。


1月16日(日曜日) 迷惑な緊急速報

 トンガの火山噴火の影響で、奄美、トカラ、岩手に津波警報、太平洋側の広範囲に津波注意報が深夜に発令された。午前0時20分ごろから、スマホからけたたましい警報音が何回も鳴り響き、緊急速報が次々に送られてくる。朝7時過ぎまでに20回ほど。「東京湾内湾、津波予報(若干の海面変動)、到達予想:津波の高さ0・2m未満」といった文面で、どれも同じことしか書かれていない。しつこい。もちろん緊急速報の通知そのものに意味はあるし必要だが、全く変わらない内容の速報を繰り返し送ってくるのはどういうことだ。迷惑この上ないというか、むしろ嫌がらせでしかない。

 【追記メモ】緊急速報メールは神奈川県が計20回以上配信。神奈川県の委託業者のプログラム設定ミスが原因だとして、黒岩祐治・神奈川県知事はツイッターで釈明と謝罪のコメントを出した。全国で同じような通知が配信されているのかと思ったら、神奈川限定だったのか。本当に迷惑だ。


1月13日(木曜日) 布団乾燥機

 もう10年以上も働いてくれた布団乾燥機が機能停止した。このところ温まり具合が悪いので、そろそろ買い替え時かなあと判断して3日前、ヨドバシカメラでオススメの商品を買ったのだが、それでも壊れるまではとそのまま古い乾燥機をこれまで通り使っていたら、ピタッと動かなくなった。なんとも絶妙のタイミング。引退する頃合いをわきまえているのか、僕の判断が的確だったのか、いずれにしてもスムーズで無駄のない切り替えとなった。長い間ご苦労さまでした。


1月11日(火曜日) セラミックヒーター

 リビングのエアコンだけでは寒いので、移動可能な小型のセラミックヒーターを上大岡の家電量販店で買った。価格も大きさも手頃な商品をヨドバシで見つけたが、なんと入荷まで2~3週間待ち。念のためにライバル店のヤマダ電機を覗くと、色違いの同じ商品があった。しかしヨドバシよりかなり高い。ヤマダは総じて高値なんだよなあ。

 ダメ元で店員と交渉したら、ポイント付与なしならヨドバシと同価格でいいと言ってくれた。もともとヤマダはポイントが付かない商品が結構あるし、色はこっちの方が好みだし、何より寒さが厳しい今のこの時期にすぐ入手できるのならばと即決購入した。ヨドバシでは無料の袋の代金はしっかり請求されたけど。

 何はともあれ消費者にとって、競合店が隣接して営業しているのはありがたい。プラスはあってもマイナスになることはない。

◇◇

 弁護団会議に参加するために午後から都内に出かけたけど、冷たい雨が叩きつけるように降っていて死ぬほど寒かった。特に中央線のホームで中央特快を待っている時間。わずか5分が30分くらいに感じたよ(それはさすがに大袈裟)。

◇◇

 岩波ホールも7月29日で閉館するのかあ。三省堂書店本店も建て替えのために3月末以降に取り壊されるし、神保町がどんどん変わってしまう。今はなき水道橋駅近くの旭屋書店、駿河台下の書泉ブックマートはいい本屋だった。すっかり様変わりした書泉グランデも。かつての充実した書棚は今や見る影もない。


1月9日(日曜日) トークショー

 横浜・藤棚のミニシアター「シネマノヴェチェント」(=写真)で、安倍政権を検証したドキュメンタリー映画「2887」の上映後、監督の河野優司さんとトークショーに出演した。映画制作の裏話や苦労話を監督が軽妙に語るとともに、安倍政権による教育やメディアへの圧力・介入について僕が解説。館主の箕輪克彦さんの絶妙で的確な司会進行のおかげで、あっという間の1時間半だった。観客とのやり取りも面白くて勉強になった。映画は同館で1月14日まで上映中。

 トークショー終了後、近くの藤棚商店街のインドレストランで、映画館関係者や常連客の皆さんらと新年懇親会。インド・ネパールの料理(=写真)やビールが美味しい。こちらも4時間があっという間で、楽しいひとときを過ごす。館主の箕輪さん、大変お世話になりました。根岸吉太郎監督の名作映画「遠雷」と石田えりの思い出話で盛り上がれて、とてもうれしかったです。


1月8日(土曜日) ドミノピザ

 ドミノピザを注文した=写真。美味しい。チェーン店のピザは値段が高過ぎるので、普段はあまり食べないのだが、新年割引クーポンを使うと、持ち帰りだとMサイズが半額以下の1枚750円になる。これくらいの値段なら抵抗感はない。たぶん配達員の人件費が高価格の最大要因なのだろう。いつもこの安さで販売してくれたら、もっと利用するんだけどなあ。

◇◇

 午後9時からテレ東で放送された「出没!アド街ック天国~川崎大師~」の焼き肉屋。じゅわっと脂が滴り落ちるカルビが、めちゃくちゃ美味しそうだった。夜も遅い時間なのに焼き肉が食べたくなった。困る。


1月7日(金曜日) 日本側負担だけ増額?

 日本政府は、在日米軍駐留経費の日本側負担を新年度から5年間で総額1兆550億円、年間100億円増額する協定に署名した。いわゆる「思いやり予算」を「同盟強靱化予算」と称して日米同盟強化を図るという。仮に同盟強化が必要だとして、そこまで日本側の負担を増やすなら、植民地条約としか思えない理不尽で不平等な日米地位協定の改定を、なぜ日本政府は米国政府に迫らないのか。言われるがままにカネだけ負担させられるなんて、おかしいだろう。

 「日本側の負担のあり方については、今後とも国民の理解が得られるよう、アメリカ側とも真剣に協議を重ねつつ、不断に検討していきたい」(林芳正外相)と言うなら、なおのこと日本国民が納得できるように、日米地位協定の見直しに努めるべきだ。

米軍駐留経費の日本側負担、年間約100億円増額の特別協定に署名(NHK)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220107/k10013419031000.html


1月6日(木曜日) 雪景色

 大粒の雪がしんしんと降り続く@横浜南部。舗装された道路を除いて辺りは一面の雪景色。外気温は氷点下。こういう日はもう外を出歩かない。足元がぐちゃぐちゃに濡れるし、滑って転びそうになるし、芯から冷えてとにかく寒いし。写真は近所のマンションの駐車場(午後4時過ぎ)。

 東京23区と千葉、茨城に大雪警報。神奈川や埼玉は大雪注意報。都心の積雪は6センチ以上。横浜などは3センチ。今後の積雪も気になるが、あす朝の路面状況が心配だ。

◇◇

 東京都内で新型コロナウイルスの感染者が新たに641人確認。沖縄では981人。激増と言っていい。まあそうなるよな。しばらく感染者数が抑えられた状況が続いて少し安心していたし、年末年始で大勢移動したし。ワクチン接種効果もあって重症者が少ないのは不幸中の幸いだが、しかし米軍基地での感染拡大放置は重大戦犯だと思うぞ。日本の水際対策も台無しだよ。本当に酷い話だ。


1月5日(水曜日) 最初の授業

 新年最初の授業。オンライン講義で、Zoomのライブ+録画配信。年明け早々だから学生も早めに切り上げて欲しいはずだし、僕自身も早く終わりにしようと思っていたのだけれど、話したいことがたくさんありすぎて100分授業を目一杯やってしまった(しかもさらに2分ほどオーバー)。でもまあ少なくともライブに参加してくれた学生たちは、みんな熱心に聴いてくれた(のではないかと思う)ので、良しとしたい。

◇◇

 7日にテレビ会議で開かれる日米の「外務・防衛担当閣僚会合」(2プラス2)では、日米の防衛協力(日本側の米軍基地費用の負担増)についても協議されるという。だったらこういう時こそ、日米地位協定の改正交渉に大きく踏み込んでほしい。沖縄など各地の米軍基地で米兵の大規模感染が発生してもスルーされ、米兵が飲酒運転しても逮捕もされず、日本政府は抗議もしない。

 その上、日本側の負担だけが増えるなんて、どう考えてもおかしいだろう。日本国民のための日本政府であるならば、理不尽で不平等な日米地位協定の見直しに、今こそしっかりと本気で取り組むべきだ。


1月4日(火曜日) 投函

 年賀状と寒中見舞いの印刷を終えて、1枚ずつコメントを添えていく。もちろん手書きだ。全部ではないけど、しかしまあせっかく出すのだから、ほとんどに簡単なメッセージを書く。というわけで全ての作業が完了。ようやく投函した。


1月1日(土曜日) コウメ太夫?

 朝日新聞の元日付の1面トップに、どうして「コウメ太夫」の写真が大きく載っているんだろうと思ってよく見たら、ドリカムの2人だった。だって、ぱっと見すごくよく似てたんだもの……。

◇◇

 年賀状と寒中見舞いの版下を作成。ようやく完成したのでこれから印刷に取りかかる。毎年のことながら、そもそも作業を始めるのが遅すぎるわけで、なぜもっと早く作ろうとしないのか、自分でも困ったものだと思っているし深く反省はしている。


2021年
12月31日(金曜日) 大晦日のテレビ

 大晦日のテレビは、テレ朝の「ザワつく!大晦日」を途中まで見てから、テレ東の「孤独のグルメ2021大晦日スペシャル」へ。納得の選択だった。「牡丹鍋と山の芋のとろろ」(丹波篠山)、「鳥焼肉+鳥野菜スープ」(松阪)、「肉月見伊勢うどん+えび天トッピング」(伊勢)、「二色まぶし丼+ミニ牡蠣カバ丼」(浜名湖)が猛烈に食べたくなった。そう言えば「紅白」はもう何年も見ていないな。たぶん今後も見ることはないだろう。


 午前0時過ぎには横浜港の方から、花火を打ち上げる音が風に乗って聞こえてきた。停泊中の船舶からの汽笛は聞こえず。


12月30日(木曜日) カットステーキ

 久しぶりに牛丼の松屋に入って、「牛ヒレ肉のカットステーキ」定食を食べた=写真。高くて固くて不味い「いき◯り!ステーキ」の肉よりも、はるかに軟らかくて美味しい。付け合わせのクリームマカロニも悪くないし、生サラダも付いてくるし、この値段(定食890円)なら松屋のほうがリーズナブルで良心的だと思った。

◇◇

 午後から年末の食料品の買い出しに。どこもそこそこ混雑していたが、思ったほどごった返してはいない。「押し合いへし合いしながら摑み合いし、あちこちで怒声や悲鳴が飛び交う」といった阿鼻叫喚の地獄絵図を見ることもなく。ホッとした。(←そんなのコミケでもないよ)


12月28日(火曜日) 暖炉の炎

 「子どもが見る時間帯の番組でギャンブルそのものに終始している」として、群馬テレビが群馬県制作のテレビアニメの放送を中止。あくまでもアニメ放送を中止したのはテレビ局側の独自判断。これに対し、群馬県知事が地元テレビ局を罵倒し「感性が鈍い」などと非難するのは、自主独立した放送局への不当な介入・圧力であり、編成権侵害ではないか。地元で絶大な権力を持つ知事として、断じて許されることではない。「権力の濫用」にむしろぼうぜんとする。なぜここまで群馬県知事がいきり立つのか理解不能。

 群馬テレビは群馬県の意向には逆らえない、群馬県のお抱え放送局である、あるいは群馬県の宣伝機関であると群馬県知事は思っているのか。曲がりなりにも群馬テレビは独立した放送局のはずなんだけど。自分の意に沿わないメディアは許さないって、独裁国家の国営放送局じゃあるまいし。安倍晋三氏のお友達はこんなのばっかりだよね。

アニメ放映見送り「感性の鈍さにぼうぜん」、知事が地元テレビを批判(朝日)

https://digital.asahi.com/articles/ASPDX6V2DPDXUHNB00D.html

◇◇

 横浜・野毛の老舗洋食店センターグリルで、ランチを食べながら2時間ほど打ち合わせ兼取材兼雑談など。楽しくて勉強にもなった。写真は、同店の入り口近くに設置されている暖炉(ペレットストーブ)。暖かくて風情もあって、炎を目にするだけで和む。


12月27日(月曜日) 「御用納め」?

 今時、「御用納め」なんて言葉を平気で使っちゃうんだ。朝日夕刊コラムの「素粒子」までも。お前もか。もうすっかり「仕事納め」と表現するのが定着しているとばかり思っていたよ。これは言葉狩りなんかじゃなくて、問題意識や時代感覚や見識や理念の話だと思うよ。というわけでいわゆる世間一般的には、あすは仕事納め。個人的にはイマイチ仕事納めの境界線がピンとこないけど。たぶんあす以降も仕事をするはず。


12月25日(土曜日) 風邪でダウン

 ここ3日間ほど、風邪でダウンしていた。頭と喉と鼻の奥が痛くて寒気がするのだが、熱は全くなくて咳もほとんど出ない。食欲はあるので毎食後に市販の総合風邪薬を飲んで、ただひたすら寝るも快眠からはほど遠い状態が続く。苦しかった。そんなこんなでようやく復活である。食事と薬と睡眠に勝るものなし。改めて実感した。

 実は水曜日の年内最後の講義の時も、体がだるくて頭と喉が痛かった。教室での対面授業なら迷わず休講にしたのだけど、オンライン授業科目なのでそのまま平気そうな顔をして100分の講義を続けたのだった。ミニレポート(リアクションペーパー)は五月雨式に毎日10通ずつ届くし、締め切り直前にはたぶん50通ほど届くはず。毎日しっかり読んでるよ。

◇◇

 新聞紙をリサイクルの回収場所に置くために外に出たら、小さな白いものがいくつも空中を舞っていた。風が強いのでゴミでも飛んでいるのか、と思ってよく見たら雪だった。@横浜南部。道理で凍えるほど寒いはずだ。数年に一度の強い寒気が流れ込んでいるという。なるほど。


12月22日(水曜日) 年内の講義は終わり

 年内の講義はきょうで終わり。だがしかし。来週が休みになるだけで、新年は5日から早々に授業が始まるのだった。暦の関係でそうなると言われたら確かにそうなんだけど、そりゃないよなあ。せめてあと1週間は休ませてほしいじゃん。学生もみんな同じ気持ちのはず。とほほ……である。写真は、上大岡駅前のショッピングセンター「カミオ」のイルミネーション。


12月21日(火曜日) 和解勧告

 神奈川県警の新人警察官がいじめやパワハラで拳銃自殺した事件の裁判で、裁判長が和解を勧告した。原告ご遺族の主張にかなり寄り添った方向で、被告側を説得しようとする姿勢がうかがえる。賠償額も事件の予見性も、拳銃を持たせた責任についても。

 裁判長の心証から、判決になれば被告側に厳しい判断が示されるのは明白だと思われるが、それでも県警は頑なに和解を拒んでいる。高裁、最高裁まで争うつもりだとしたら、いたずらにご遺族に負担を強いるだけだ。県警は不幸な事件と真摯に向き合い、誠実な判断ができないものだろうか。多くの警察職員は現場で真面目に頑張っているはず。組織体質の根本的な見直しに、真剣に取り組むことを切に願う。

◇◇

 ヤフーニュースのコメント欄(ヤフコメ)の誹謗中傷への対応などの概要を、ヤフージャパンが公表した。そもそもヤフコメなんてなくてもいいだろう。最初からコメント欄のないニュースも少なからずあるのだから。匿名の誹謗中傷やデマや差別的な書き込みで溢れているヤフコメは必要ない。言いたいことがあれば、自分のSNSで実名発信すればいい。

ヤフー、コメントや知恵袋における誹謗中傷対策の概要を公表(毎日)

https://mainichi.jp/articles/20211221/k00/00m/040/264000c

◇◇

 アベノマスクを年度内めどに廃棄へ。岸田首相が記者会見で表明した。至極当然の賢明な判断だ。無料配布するにしても、役立たずの布製のゴミマスクなんてだれも引き取らないだろうし、保管するだけで巨額の費用がかさむ。しかも7100万枚のうち約1100万枚(約15%)が不良品だという。岸田首相はこの際、安倍政権の失政と負の遺産に徹底して向きあってほしい。モリ・カケ・サクラも同様。であれば大いに支持する。


12月20日(月曜日) 暗黒香港

 香港立法会選挙の投票率が過去最低の30・2%に。5年前の前回から半減。親中派の候補が議席を独占した。当局の事前審査で、中国共産党の香港統治に反対する民主派は「愛国者」ではないとされ、事実上立候補できなくなったからだ。民主的な選挙の体をなしていないのだから、多くの市民が抗議の棄権をするのは民意そのもの。最低限の意思表示と言っていい。暗黒香港に未来なし。

◇◇

 日大問題の本質は、田中英寿前理事長体制の「ごっつあん」体質にあるのではない。およそ大学の体をなしていない組織の私物化と恐怖政治に加え、非民主的運営が組織ぐるみでまかり通っていた異常さにある。田中前理事長一人の暴走だけではない。ほかの理事や評議員も同罪だ。彼ら全員に責任がある。総辞職して体制を一新しなければ、日大の「抜本改革」なんて無理だろう。


 日大だけじゃない。どこかの島国でも公文書の改ざんや廃棄、基幹統計の書き換え、国有財産の私物化がまかり通っているし。モリ・カケ・サクラも同じ。


12月19日(日曜日) リアクションペーパー

 大学の講義終了後に毎回、学生からリアクションペーパーを提出してもらっている。その中に一人だけ「今回の授業はあまり理解できなかったのが率直な感想です」とあった。えええーーーっっっ。マジかよ。確かに難しい内容だとは思うが、中学生にも分かるように、やさしい言葉で噛み砕いて懇切丁寧に説明したのに。ほかの学生はみんな理解しているし、自分なりの見解や意見を書いているんだけど……。もしかして講義を聴かずに出しただろ。


12月17日(金曜日) ゴミマスクのツケ

 今さらアベノマスクが欲しい人なんているのだろうか。そもそもそんなゴミをもらってどうする。小さいから顔をちゃんと覆えないし、不織布ではないから感染防止にもほとんど役に立たないし。介護施設や途上国に配布するとも言われているが、不良品を送りつけるなんて、先方に対してこれほど失礼なこともなかろう。

 何から何までピントがずれている。もちろんすべての責任が、税金を無駄にした(今も無駄にしている)安倍晋三元首相にあるのは言うまでもない。

「アベノマスク」希望者に配布へ、在庫8200万枚、保管費用が問題に(読売)

◇◇

 自・公・維・国が改憲に向けて包囲網を広げる今、連合はそうした動きに抗うどころか手助けする側に回っている。その張本人が、反共発言を執拗に繰り返す芳野友子・連合会長だ。労働運動をめぐって共産党と対立してきた歴史があるにしても、芳野会長の言動はあまりにも常軌を逸している。視野が狭く近視眼的で、状況を見定める判断力や知性そのものが著しく欠けているのではないか、とさえ疑ってしまう。

 「連合の機を見極めない発言が立憲民主党の足を引っ張り、議席を減らす要因のひとつとなったとも言える」──。実に的を射た解説記事だ。まさにその通りと深く頷きながら読んだ。

首をかしげたくなる立憲と共産共闘への集中攻撃(ニュースソクラ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/884fec7324fd6d301494a1eba3733a2a6e33c26e

◇◇

 横浜・花咲町の中南米肉料理の店で、ランチのステーキオムライスを食べた=写真。最初に出てきたのが熱々でピリ辛のミネストローネっぽいスープ。お代わりしたくなるほどクセになる味。続いて登場したのが大皿にてんこ盛りのサラダ。フレンチドレッシングっぽいけど酸っぱくない。食べ応えも十分。オムライスは、レアステーキと甘辛く煮込んだ肉とふわとろ卵がマッチ。お店の雰囲気も静かで落ち着く。こんなオシャレな店が花咲町にあったなんて。びっくり。


12月16日(木曜日) 野党の存在意義は

 政権追及の姿勢を弱める立憲民主党の国会対応について、自民党の閣僚経験者「『批判することへの批判』を恐れて野党の体をなしていない。こんな野党なら政府は楽でいい」(朝日)。実に的確なコメント。政権をチェックし批判し厳しく追及してこその野党。そこにこそ野党の存在意義はあるはずだ。自民党からここまで言われて、立憲民主党はどうする。それでもヘナチョコのままなのか。

◇◇

 来年の年賀状を購入。住所録を大幅に絞り込んで、これまでで最も少ない枚数に抑えた。喪中の連絡をいただいているので、寒中見舞い用に普通の官製はがきも何枚か買ったけど、それでもかなりの出費抑制になった。新型コロナの影響で取材の機会も減ったし、亡くなられた方も何人かいるし、まあこんなところかな。


12月13日(月曜日) 野菜たっぷり味噌タンメン

 横浜・根岸で、「五穀みそ野菜たっぷり味噌タンメン」を食べた=写真。中華鍋で煽ったという白菜、ニンジン、玉ねぎ、ネギ、キクラゲ、もやしなど、野菜がたっぷり350グラム。やや濃い目だけどしつこくなくてコクのある味噌とよく合う。この一杯だけで十分に満腹感が得られる。

 開店1周年記念サービスの唐揚げは食べきれなかったので、お土産にしてもらった。客席を仕切るアクリル板など感染対策は行き届いているし、店員さんもテキパキしていて動きがスムーズ。気配りのきいた感じのいい店だった。

◇◇

 日本漢字能力検定協会が公募した「今年の漢字」を「金」と発表。「カネがない」「とにかくカネをくれ」「カネ持ちと貧困層の格差がさらに拡大」「カネまみれ、利権まみれの政権与党、五輪、日大、コロナ対策」「カネ持ちの道楽」……。やっぱ「カネ」だろ。読み方は。


12月12日(日曜日) まず「五輪の利権化」猛省を

 外交ボイコットが相次ぐ北京冬季五輪に関して、IOCが「五輪とスポーツの政治化に断固として反対する」との共同宣言をまとめた。IOCはその前にまず、「五輪とスポーツの利権化」に断固反対して、これまでの悪行を猛省するべきでは。

IOC、五輪の政治化「断固反対」、相次ぐ外交ボイコット巡り宣言(毎日)

https://mainichi.jp/articles/20211212/k00/00m/050/004000c

◇◇

 茨城県南部で午後0時30分ごろ発生した地震。茨城、栃木、群馬、埼玉で震度4、都内や神奈川東部などで震度3、横浜南部でも震度2とのことだが、同じ横浜南部の自宅では全く揺れなかった。ミシッと嫌な感じの音がしたので、念のためNHK総合を見たら結構大きかったことを知った。地盤の関係かも。


12月10日(金曜日) 「調査報道」連呼に違和感

 「調査報道」という言葉をことさら強調するアナウンスに、強い違和感を覚える。そもそもメディアが独自取材して調査報道するのは当たり前の話であって、何を今さらと感じる。今まで何をしてきたのだろう。「TBSの調査報道でわかりました」は「TBSの調査でわかりました」「TBSの取材でわかりました」で十分だろう。ましてや「調査報道取材でわかりました」なんて表現は、日本語としてもおかしくないか。

 「歩道を走る危険な電動キックボード」といったニュースまでが、「調査報道」と称することにも驚く。「堤防の迷惑釣り人」「河川敷の迷惑ゴルファー」を追い回し、中途半端に吊るし上げることで鬱憤を晴らす夕方の情報番組と何ら変わらない。薄っぺらい。本質にまで切り込んで問題提起してこそ「調査報道」のはずなのに。

 厳しいことを言えば、「調査報道」という言葉を使いたいだけのようにしか思えない。同業他社や第三者や視聴者(読者)が肯定的に評価して言うのならわかるが、自分でわざわざ大々的に「調査報道」を名乗ることではなかろう。下手をすれば羊頭狗肉になってしまって、本来の「調査報道」や報道全般への信頼を逆に損ないかねない。「調査報道」の連呼にはそんな危うささえある。

◇◇

 石原伸晃・内閣官房参与が辞任。衆院選で落選して無職になり、「身内の失業対策」でせっかく内閣官房参与に起用されたのに、雇用調整助成金の受給問題で批判を浴び、わずか1週間で辞任に追い込まれた石原伸晃氏。……無様だね。いやはやなんとも、絵に描いたようなみっともなさだ。

◇◇

 横浜・二俣川の神奈川県警運転免許センターで、免許証の更新手続きをした。5年前と違ってセンターの建物は移転し建て替えられて、すっかりきれいになっていた。手続きがすべてオンライン入力化されていることにもびっくり。「優良運転者」なので25分ほどで講習終了。その場で新しい免許証が手渡された。最近は全く車を運転しないので、「優良運転者」と言っても単なるペーパードライバーなんだけどね。入館して40分足らずですべて滞りなく終わった。


12月9日(木曜日) ほろほろチキンカレー

 すき家で「ほろほろチキンカレー」を食べた=写真。牛丼や牛すき鍋膳の味は吉野家の方が好みだけど、このカレーはスパイシーで美味しい。何よりも皿にドーンと鎮座するチキンが迫力満点。スプーンだけで鶏肉がほろっとほどけて崩れる軟らかさ。ピリ辛のルーによく合う。ピクルスの甘酸っぱさも絶妙で、食べ応えも十分だ。

◇◇

 このところちょっと中だるみのようなものを感じていた「ドクターX」(テレ朝)だったけど、来週の最終回に向けて今夜の放送回は怒涛の展開に。野村萬斎(蜂須賀隆太郎)と米倉涼子(大門未知子)から目が離せない。余命宣告された野村萬斎の超難手術の成否と、新型ウイルスの院内感染状況と、東帝大学病院の権力闘争のゆくえがものすごく気になる。


12月8日(水曜日) 神高教の冊子「日の丸・君が代」

 神奈川県高等学校教職員組合(神高教)から、「神奈川県立高校における『日の丸・君が代』強制の歴史」の冊子が届いた=写真。今年3月に発行された「神高教のあゆみ」の補遺。1985年に当時の文部省が全国の公立小・中・高校の「掲揚・斉唱」実施状況を調査し、広島県立高校長の自殺を契機に「国旗・国歌法」が成立した事件などを概観した上で、教職員組合の視点から強制反対の取り組みを総括している。

 僕の書いた特ダネ記事も掲載されていた。懐かしい。「日の丸・君が代」の問題は新聞記者時代からずっと関心を持って取材してきたテーマの一つでもあり、感慨深く読ませていただいた。県教委通知などの関連資料や年表も収録。神高教前執行委員長の馬鳥敦さん編集。A4判、58ページ。


12月7日(火曜日) 女性を据えればだれでもいいの?

 女性が組織のトップや幹部になり、役員の半数を女性を占めればそれでいい、という問題じゃないと思うんだけど。ポイントは性別じゃない。大事なのはどういう人物を据えるかだ。反共発言を繰り返す芳野友子連合会長なんて論外だし、「ポスト岸田」に意欲を示す自民党の高市早苗政調会長も悪い冗談としか思えない。女性ならだれでもいいわけではないはずだ。もちろん、それは男性についても同じことが言える。

◇◇

 「『批判ばかり』のイメージ脱却を狙う立憲民主党」って……。いったいいつまで「批判ばかり」といった的外れな難癖・誹謗中傷に縛られるつもりなのか。何度でも言うが、野党の最大の役割は政権をチェックし批判することだ。批判野党がいない議会に意味などない。そんなものは大政翼賛会に過ぎない。


12月6日(月曜日) やっぱり延期か

 やっぱり今年も忘年会は中止(延期)だよなあ。まだちょっと安心できる状況ではないか。用心するに越したことはない、ということだな。もしやるとしても、ごくごく少人数(2~3人)で。残念だけど仕方あるまい。


12月3日(金曜日) しゃぶしゃぶ食べ放題ランチ

 3日の深夜から朝にかけて、山梨県大月市(富士山麓)と和歌山県御坊市で相次いで起きた大きな地震に、リアル「日本沈没」が一瞬脳裏に浮かんだ。現在放送中のTBSドラマ(日曜劇場)が生々しいだけに思わず、「田所博士の見解が知りたい。海保の資料を渡せ」と思ってしまった。

◇◇

 取材で得た資料を外部に提供したとして、NHKの社会部記者と提供を認めた副部長が出勤停止の懲戒処分に。「情報提供者の同意を得て、副部長は資料提供を許可した」というのが微妙ではあるけど、それでもやっぱり取材資料を放送目的以外に使用したのはまずかった。

 紙面掲載前の原稿やゲラを、他者に平気で見せる記者もいるんだよなあ。朝日や毎日の中堅記者が何年か前に、集会の参加者や同業他社の記者に得意げに開陳するのを目の前で見て、おいおいマジかよと思ったことがある。記者倫理の欠如というしかない。

取材で得た資料を外部に提供、NHK、記者と副部長を懲戒処分(毎日)

https://mainichi.jp/articles/20211203/k00/00m/040/381000c

◇◇

 しゃぶしゃぶ食べ放題のランチを食べた=写真。予算の関係から豚肉と鶏肉のコースを選択。サービスで国産牛1皿が無料追加に。すき焼き出汁を選ぶと生卵が付いてくる。どの肉も結構美味しいし野菜も食べ放題だし、予想以上にお得感がある。超満腹。夕食不要じゃん。食べすぎ注意だな。


12月2日(木曜日) お土産がいっぱい

 午後から都内の弁護士事務所へ。新人警察官いじめワハラ自殺事件の弁護団会議に参加した後、久しぶりに東京・四谷の現代人文社に顔を出す。社長、経理部員、営業部員、編集部員ら社員の皆さんに歓待していただき、「刑事弁護オアシス」のクリアファイル、「逆転無罪」手拭い、カレンダー、新刊「裁判員裁判の現在」など、お土産もたくさん頂戴しました=写真。ありがとうございました。(→参照サイト:keiben-oasis.com)

 そう言えば、弁護団会議では原告のご家族から稲庭うどんをいただいた。ありがとうございます。なぜかきょうはお土産がいっぱいだ。

◇◇

 東京五輪をめぐるゴタゴタや、「ぼったくり男爵」ことバッハ会長らIOCの理不尽で無礼な振る舞いから、この国の政治家や自治体は何も学んでいないのか。この期に及んでなお札幌冬季五輪をやろうとするなんて、信じられないし正気の沙汰じゃない。北京冬季五輪にも暗雲が立ち込め始めているし、もう五輪は無理に開催しなくていいと思うよ。

 今の五輪は利権の道具でしかない。現在のIOCを牛耳っている幹部連中に、崇高な理念なんてどこにもない。彼らの頭の中は金儲けのことでいっぱいだ。札幌冬季五輪も北京冬季五輪もいらない。五輪に幻想を抱いたままでは判断を誤る。


12月1日(水曜日) 「外野の戯言」

 立憲民主党は、権力監視機能をまともに果たしていないメディアや自民・公明・維新やネトウヨなどの「外野の戯言」に耳を傾け過ぎだ。「批判ばかり、追及ばかり、反対ばかり」とする声は、的外れの誹謗中傷に過ぎない。もちろん提言は必要だが、政権をチェックするのが野党の最大の役割なのだから。

 政権与党と対峙せず批判も追及もしない野党に、そもそも存在価値なんてない。「批判ばかり、追及ばかり、反対ばかり」といった雑音は相手にしなくていい。ただし自分たちの理念や政策を有権者に説明し発信する力が弱く、努力不足だったのはその通りなので、そこは真摯に反省して改善した方がいい。

 何回でも同じことを言うけど、自民・公明・維新と変わらない路線を歩むのなら、そんな立憲民主党に存在価値はない。

◇◇

 新語・流行語の年間大賞に「リアル二刀流/ショータイム」が選ばれ、「ぼったくり男爵」もトップテンに入った。大当たり。見事に的中したと言っていいだろう、と自画自賛したりして。

2021年11月4日付「身辺雑記」(「ショータイム」と「ぼったくり男爵」)参照

新語・流行語も大谷翔平、大賞に「リアル二刀流/ショータイム」(毎日)

https://mainichi.jp/articles/20211201/k00/00m/040/036000c


11月30日(火曜日) 最大限の警戒と水際対策の徹底を

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の世界的拡大を受け、日本政府は外国人の入国を1カ月間、全面的に停止した。日本人の帰国時の待機なども強化。強い感染力が懸念されているのだから、少なくとも科学的に解明されるまで、徹底した水際対策と最大限の警戒をするのは当然だ。

 後手後手でザルだらけだったアベスガ政権の対応を、繰り返してはならない。危機意識を持って向き合うのは感染症対応の基本中の基本。危機感なく楽観視している方がどうかしている。今はまだ気を緩める時ではない。

 そして新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者が30日、日本で初めて確認された。やっぱり……。日本国内に入ってこないわけがなく、時間の問題だとは思っていたけど、それにしても早すぎるなあ。水際対策のさらなる徹底を強く望む。

◇◇

 立憲民主党の新代表に泉健太氏が選出。決選投票は泉健太氏205ポイント、逢坂誠二氏128ポイントと結構大差になった。決選投票の国会議員票(泉氏168ポイント、逢坂氏112ポイント)の数字を見ると、小川淳也氏の票が泉氏に流れ、西村智奈美氏の票が逢坂氏に流れたのかな。

 懸念されるのは「立憲」結党の理念や信念を捨て去ること。自民・公明・維新と変わらない路線を歩もうとすること。芳野友子会長が率いる連合の操り人形集団になるくらいなら、潔く解党した方がいい。


11月29日(月曜日) 日大理事長やっと逮捕

 日本大学の田中英寿理事長が所得税法違反容疑(脱税)で逮捕。やっと。ようやく。遅い。遅すぎるよ。脱税だけじゃない。背任もあるだろうし。そもそも大学として被害届を出さない、記者会見もしないなんて言語道断。学校法人の体をなしていない。理事会も教授会も学生組織も機能せず。「株式会社日本大学」そのものじゃん。学校法人としてまともに機能していない現状の日大に、私学助成金を交付すること自体、まずあり得ない。

 日大の学生から怒りの声が上がっているそうだが、だったらどうして学内や街頭で抗議活動くらいしないんだ。ストライキとまでは言わないけど、水道橋や神保町や下高井戸や江古田など、各キャンパスの周辺や駅前でせめてビラでも撒いて訴えればいいのに。それぞれの学部が分散され学生も教員も見事に分断されているにしても、それくらいはできるだろう。自分たちの問題なのに、なぜ主体的に能動的に動こうとしないのか、その反応の鈍さにむしろ戸惑う。


 昔から日大って「異色」というより「異様」な大学だよね。はるか大昔の大学闘争の時代から、体育会の右翼学生が大学側の手下として跋扈していたというし、学生運動が終息した後も学生は完全に管理統制されているし。ほかの大学とはまるで違う。異常を異常と認識していないのかもしれない。今でも自分の所属する学部ビルに入る際に、いちいち入館証を提示してチェックされるのかな。そういう意味では気の毒ではある。


11月27日(土曜日) 連合と立憲民主党の関係は

 「連合が右を向けと言えば、立憲民主党は右を向くのか」と立憲代表選の討論会で出席者から問われ、候補者4人はいずれも煮え切らない答え。「連合に依存している状況であってはならない」(小川淳也氏)、「連合とはかなり政策的な意見交換をやっている」(泉健太氏)、「私にとっては大変重要なパートナー」(西村智奈美氏)、「我々の支持層が今のままで良いとは思っていない」(逢坂誠二氏)。

 核心を突いた質問に対し、真正面から向き合っているとは思えない。筋を通した姿勢と理念を示して訴えてこそ、共感も支持もウイングも大きく広がるはずなのに。せっかくのチャンスを自ら捨て去るなんてもったいない。

 そして朝日はこの記事をなぜ紙面展開せず、ネット(朝日新聞デジタル)だけで伝えるのだろう。さらにもっと突っ込んで深く掘り下げて伝えれば、主権者たる国民の貴重な判断材料になる。読者のニーズにも合致しているだろうし、ひいては民主主義の発展にも大きく寄与するはずなのに。

立憲は連合の言いなりか? 会場からの質問、代表候補の答えは(朝日)

https://digital.asahi.com/articles/ASPCT7KHLPCTUTFK02M.html



◆これより前の「身辺雑記」は、「身辺雑記/総目次」のページからご覧ください。


東日本大震災以降(2011年3月11日付以降)の「身辺雑記」について、日付ごとに直接リンクできるように設定しました。例えば、2011年5月1日付の記事の場合、リンク先アドレスは「http://ookaminami.kakurezato.com/zakki2011-5.html#20110501」となります。「zakki2011-5.html#20110501」の数字の部分を日付に応じて書き換えて下さい。

Copyright(C)OOKA Minami(IKEZOE Noriaki)